遺品整理業者と不用品回収業者の違いとは?

遺品整理業者と不用品回収業者の違いとは?

遺品整理業者と不用品回収業者は、どちらも不用品を回収してくれるので何が違うのか分からないという方も多いかと思いますが、受けられるサービス内容は大きく異なります。
遺品整理業者は、遺品を必要なモノと不用なモノに仕分ける作業や、貴重品を探し出す作業も請け負っているので、遺品の整理に要する負担を大幅に軽減することが可能です。
また、業者によっては特殊清掃や相続の相談、不動産の買取など様々なサービスを利用できるケースもあります。
一方で、不用品回収の専門業者は、仕分けや探索といったサービスには対応していないので、あらかじめ自分たちで仕分け作業を済ませておく必要があります。
不用品に対する考え方も大きな違いです。
遺品整理業者は不用品であっても遺品として丁寧に扱ってくれるとともに、必要に応じて供養などの措置を行ってくれます。
しかし、不用品回収業者は回収する不用品を遺品としては扱うことはありません。
スピーディに回収することを重視しているので、人によっては不快な思いをするかもしれません。

遺品整理業者を選ぶ際は必ず相見積もりを取ろう!

遺品整理を専門業者に依頼する場合、相見積もりを取ることが大切です。
遺品整理を依頼する際の費用は業者によって大きく異なるので、最初から1社に絞ってしまうと相場よりも高い金額を支払うことになる恐れがあります。
しかし、複数社に見積もりを依頼すれば大まかな相場が分かるので、適正価格でサービスを利用することができます。
また、相見積もりには手間も時間もかかりますが、複数社から見積もりを取れば費用だけでなくサービス内容についても比較できるので、自分たちに最適な業者を選定することが可能です。
そのため、賃貸物件で退去日が決まっているなど少しでも早く作業を完了させたいケースでなければ、複数社に見積もりを取るようにしましょう。
なお、見積もりを行った後に依頼しないことに決めた場合は、必ずその旨を伝えておくことが大切です。
遺品整理業者の中には見積もりを行った時点で作業の準備を開始する業者もあるので、余計なトラブルを避けるためにも連絡は怠らないようにしましょう。

著者:田中徹

筆者プロフィール

長野県上田市生まれ。
祖父が亡くなったのをきっかけに遺品整理を学びました。
遺品整理についての記事を書いています。