遺品整理業者の選び方|サービス内容・メリット・デメリット・費用相場なども解説!

このサイトでは頼みたい遺品整理業者の選び方を伝えていき、様々なサービス内容などから比較したメリットを紹介します。
またメリットだけではなくデメリットも知ることで、ある程度の選ぶ基準を見つけることが出来るようになります。
費用相場などがわかると、そこに焦点を絞って業者選びも進むようになっているのもサイトの特徴です。
これからも増えていくサービスになりますので、利用するためのノウハウを理解すると安心できます。

遺品整理業者の選び方|サービス内容・メリット・デメリット・費用相場なども解説!

遺品整理業者の選び方には、まず作業内容が明確にホームページにも載っていることがいえます。
作業内容やどのくらいの費用、また見積もりなども無料のサービスは当たり前です。
メリットでは遺品整理だけではなく、不要なものを捨てて買取などもやっているところでは費用が安くなります。
デメリットは買取価格なども言い値になってしまうことで、信頼できる老舗買取業者がやっている遺品整理業者が理想といえます。
これらの点を注意しておくと、良い業者を選ぶことができます。

そもそも遺品整理とは?いつ頃から始めるべき?

遺品整理とは、故人が残した品物を整理することを指します。
具体的には、遺品を残すものと処分するものに仕分け、不用品についてはゴミに出したり売却したりします。
なお、通帳・健康保険証・年金手帳・パスポート・不動産の権利関係書類といった貴重品を処理するためには、法的な手続きが必要になりますが、手続きに期限が設けられているものも少なくありません。
そのため、遺品整理ではまず貴重品を探し出すことから始めることが大切です。
また、遺品整理とはいつ頃から始めるべきか迷っている方も多いかと思いますが、遺品整理を開始するタイミングは特に決まっていません。
自分たちの都合に合わせて開始して問題ありませんが、親族が集まった際に開始した方がトラブルを予防できるので、四十九日や一周忌などの法要の後に行うのがおすすめです。
ただし、故人が賃貸物件に住んでいた場合は、無駄な家賃を支払うのを防ぐために、可能な限り早めに作業を開始しましょう。

遺品整理業者のサービス内容とは?

近年、遺品整理を専門の業者に依頼する方が増えていますが、そのサービス内容が気になるという方も少なくないでしょう。
遺品整理業者が提供しているサービスの内容は業者によって異なりますが、どの業者でも残すモノと不用なモノの仕分け、遺言書や貴金属といった貴重品の捜索、不用品の回収などのサービスが受けられます。
また、オプションで様々なサービスを提供している業者も少なくありません。
例えば、遺品を神社や寺院で供養してくれるサービスやエアコンの取り外し、ハウスクリーニングなどが挙げられます。
加えて、自動車やバイクの処分、原状回復工事や解体工事といったサービスを利用できる場合もあるので、事前にどのようなサービスが受けられるのか確認しておくことが大切です。
さらに、遺品整理業者の中には不用品の買取サービスも行っているケースもあるので、費用を少しでも抑えたいという場合は買取サービスを行っている業者を選ぶと良いでしょう。

遺品整理を専門業者に依頼するメリット・デメリット

従来、遺品整理は同居している家族が行うのが一般的でしたが、高齢化や核家族化などの影響から遺品整理業者を利用する方も増えています。
遺品の整理を自分たちで行う場合、大型の家具や家電を運び出すなどの重労働が必要になりますし、故人との思い出が残る部屋を片付けるのは精神的にも辛い作業となりますが、専門業者に頼ることで体力的にも精神的にも負担を軽減することが可能です。
また、遺品整理は部屋数や遺品の量によっては数ヶ月単位での作業が必要になるケースも少なくありませんが、専門業者に依頼すれば短時間で作業が完了します。
場合によっては1日で作業が完了するので、賃貸物件で退去手続きを早めに済ませる必要があるケースや、遠方に住んでいて作業できる日が限られるケースでも安心です。
一方で、遺品の整理を業者に依頼する場合、当然ながら費用がかかるというデメリットがあります。
加えて、業者選定に時間がかかるのもデメリットのひとつです。
遺品整理業者の中には悪徳な業者も存在しており、高額な費用を請求されたり大切な遺品を処分されたりするリスクがあるので、複数業者に見積もりを依頼したり、実績や口コミなどを調査したりする必要があります。

遺品整理業者の費用相場はどれくらい?

遺品整理業者の利用を検討している多くの方は費用相場が気になっているかと思いますが、多くの遺品整理業者は間取りを基準に料金を設定しています。
具体的には1R・1Kの場合は3~8万円ほど、1DKの場合は5~12万円ほど、1LDKの場合は7~20万円ほどが相場です。
また、2DKでは9~25万円、2LDKでは12~30万円、3DKでは15~40万円、3LDKでは17~50万円、4LDK以上では22~60万円が大まかな目安です。
ただし、遺品整理業者の費用は不用品の量や種類などに左右されるため、不用品の量が多い1LDKよりも不用品の量が少ない2LDKの方が費用が安くなるケースがあります。
加えて、不用品の中にエアコンやテレビ、冷蔵庫といった処分にリサイクル料金がかかるものが含まれている場合は料金が高くなるので注意が必要です。
作業する家と駐車場が離れていたりマンションの高層階であったりする場合についても、作業量が増えるため料金が高くなる可能性があります。
そのため、遺品整理業者を利用する際はホームページなどに記載されている費用を鵜呑みにせず、見積もりで詳細な費用を確認することが大切です。

遺品整理を依頼するときは資格を持っているのかを確認するのが大切

故人の供養をするのは普通のことですが、葬儀やお墓の準備などが終われば、遺族も一息入れることができます。
少し落ち着いた段階になると、故人の部屋の状況などが気になるかもしれませんが、一般的に遺品整理をすることになるかもしれないです。
故人の部屋には何かしらの遺品が残されていることも珍しくないので、そのような遺品を整理することで家族の気持ちも穏やかになる可能性があります。
また遺品の中には貴重品などが存在することもありますから、早めにやっておかないと相続などでトラブルになってしまうこともあるので注意が必要です。
自分で対応するのが難しい場合は、遺品整理の専門的なサービスを利用するのが便利になってきますが、基本的には資格を持っているところでサービスを利用しないといけません。
遺品整理の専門的な資格が存在しますから、最初にしっかりと取得しているのか電話などで問い合わせをしたときに聞いておくのが大切になるはずです。

遺品整理と生前整理の違いとメリットについて

遺品整理は亡くなった人が生前大切にしていたものを整理し、亡くなった人の家や部屋をきれいに片付けることです。
遺品整理の時期は、遺族の事情によって様々です。
部屋が賃貸なら、すぐに遺品整理をしなければ家賃が発生します。
新盆や一周忌など、法要のタイミングで行うことも多いようです。
親族が集まるので相談して整理ができ、形見分けなどのトラブルが少なくなるというメリットがあります。
お葬式が終わって銀行や保険、行政手続きなど優先順位を考慮して行うこともできます。
遺族が気持ちの整理をする時間として、ゆっくり行うのもよいでしょう。
生前整理は、生きているうちに自分の持ち物を整理することです。
始める時期にも程度にも個人差があります。
遺言書や財産目録を作っておけば、遺産相続のトラブルを回避でき遺族の負担も軽くなります。
見られたくないものなどがあれば自分で処分することもできるし、死後に家族に頼みたいことなどがあればエンディングノートに書き残しておくことも可能です。

遺品整理業者に依頼した場合は立ち合いは必要なのか

遺品整理は、時間もかかりますし精神的な負担も大きな作業です。
そうしたこともあり、最近は専門業者に依頼するケースも増えてきました。
遺品整理を業者に依頼する場合は、立ち合いは必要なのかどうかと気になっている人もいるのではないでしょうか。
業者にすべて任せるという方法もありますが、できることなら依頼者も立ち合っておくと安心です。
遺品が多くある場合は、処分するものと残しておくものを分けておく必要があります。
多くの遺品が処分の対象であっても、業者が大切な品や思い出になる品を処分してしまう可能性もあります。
大事な遺品が残っている可能性がある場合はやはり立ち合ったほうが良いといえるでしょう。
大事な遺品の捜索を依頼する場合や、仏壇などの供養が必要なものが残っている場合も、やはり依頼者がその場にいるほうが安心です。
忙しさなどで、作業中にずっと現場にいるのが難しいという場合でも、最低限は作業前と作業後の確認はしておきたいところです。

遺品整理を依頼したときにできることとは何か

遺品整理とは、故人が生前に所有していた持ち物を整理することです。
現在は多数の業者が存在するため、こうしたことは遺品整理の専門業者にオーダーするケースが増えています。
遺品整理でできることは、基本的に仕分けや供養・不用品の処分です。できることの中には、簡単な清掃がプラスされることもあります。
仕分けは特に大事な作業です。
あらかじめ残してほしい品や遺品があればあらかじめ業者に伝えておく必要があります。
遺品整理の際、遺族が困るのは残すものと処分するものの分類です。
そうした時には数々の現場で対応した経験のある業者スタッフに相談すると良いでしょう。
捨てようと決めていた家具や家電の中には、買取で値段がつく製品もあります。
事前に見積もりをお願いする際に、買取も行っているかどうかを質問すれば業者が教えてくれるものです。
出来るだけ残すと決めたもの以外は処分を依頼するという方針で、片付けることをおすすめします。
これは、結局使わないなどという理由から最終的に不用品となりやすいからです。

遺品整理やゴミ屋敷の片付けで業者に依頼をする時の注意点

物で溢れ返ったゴミ屋敷の片付けは個人で行うと膨大な時間と労力が必要になります。
遺品整理も同様に、一つひとつの愛用品に思いを寄せてしまい、いつまで経っても作業が進まないというケースは少なくありません。
スムーズに終わらせるためにも、遺品整理やゴミ屋敷の片付けは専門の業者に依頼をする方が賢明です。
整理、片付けに掛かる費用は各業者が自由に設定できる仕組みになっています。
一つの所だけで判断をせずに、最低でも3社程度から見積もりを取って比較検討をすることが業者選びの基本です。
この時に注意しなくてはいけないのが企業としての信頼性です。
需要の増加に伴って新規に参入する業者も増加傾向にあります。
中には安い費用で請け負っていい加減に作業をする、回収後に不法廃棄をする悪質な業者も多いのが実情です。
不法投棄は依頼をした人も同様に罪に問われることがあります。
料金の安さだけで判断をせずに、口コミから実績と信頼性を見極めなくてはいけません。

著者:田中徹

筆者プロフィール

長野県上田市生まれ。
祖父が亡くなったのをきっかけに遺品整理を学びました。
遺品整理についての記事を書いています。
長野県 遺品整理